So-net無料ブログ作成
検索選択

編曲日記・その3 [DTM]

だいぶ間が空いてしまいました・・・>_<

さて〜、前回は「作曲段階の楽曲を聞いて、ひとまずイメージしてラフを作り込んでいく」まで書いていきました。
今回は「イントロ作・編曲する」を書いていきたいと思いますっ。
ついでに、若干全体を修正しました。箇所は後ほど・・・

イントロ作るのホント難しかったです。
とりあえず、イントロから、Aメロの接続まで聞いてみてください。



ちょっとごちゃってしてますが、また直します。

まず、イントロの秒数を決めていきます。
歌ものを前提に編曲してるので...
できる限り、早くAメロに入って欲しかったので20秒前後で繋がるようにしました。

・約20秒くらいでケリをつける
・Aメロ・サビ先だったので、どうやってイントロを構築していくか。

今回は、ここが一番難しかったです。

前回も書いたんですが、「キラキラキュート・サビでアクティブ」というイメージですので・・・
それをアピール(?)するには、どうやってイントロでインパクトを与えるかでした。

まず、複数のシンセ等で効果音を作ります。
ここでウィンドチャイムの、キラキラした音を小さめに重ねます。

とりあえず、流れを書きます。
その後は、「サビはどんな感じなのか」をリスナーさん側にプレビューさせる感じでアクティブな曲調で残りの小節分を作曲していきます。

ここで注意するのは、Aメロからイントロに比べて静かになるので、後半は節度を保ってAメロに入る「準備」をします。
そうする事によって、Aメロとの接続がナチュラルになります。

今までと、楽器の構成は変わってないですが・・・
キラキラを強調させる感じで、ちょっとチープでピコピコした音をイントロの初めと終わりに入れました。
そうすると、ベルと混じってキュートになる感じでした。

・・・説明というより、何か支離滅裂になってしまいました^_^;

イントロはこんな感じです。

後は、Aメロ・サビと接続した状態がこちらです。
いわゆる「1番」というやつです。


この状態で、一旦提出します。

Aメロは、同じ理由でピコピコした音を追加しました。
後は、ハモっていたメロを元に戻しました。

鐘の音を入れたかったので、入れたはいいんですが・・・
元のBellと混じってごちゃってしてます。

これをどう整理するか・・・問題です。
とりあえず、次回は・・・現状でこのまま先に進めたいと思います

次回は、「間奏を作曲して、2番に接続する」です。
うまくできるかわかんないですが、がんばりますー。>_<

ではではっ!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。